--/--/-- --.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

//スポンサー広告

2011/07/01 Fri.
想定以上にアレでしたウヴォアー
2011070101

久しぶりの復刻とのことで、なんかこの前復刻してなかった?って調べたら
2004年に一度復刻してるんですよね 忘れた頃スパン復刻商法か!
で、久々に飲んでみたら

こ ん な マ ズ か っ た っ け …

過去が美化されるとは言うけれど、今現在の飲み物が美味し過ぎるんでしょう
舌が肥えたんだろうなぁ…
アンバサとかミラクルαを復刻せんかね?

 

なんだか延期が数回続いていた

2011070102

アリスマッドネスリターンズ画集キタワ

作りはかなりしっかりしていて、本自体がすっげぇ重い
日本では今月末にリリースされますけど、マッドネスリターンズの決定稿以外にも

2011070103

イメージボードや試行錯誤されたデザイン画が大量に収録されております
洋書ながらそう大した長文でもないので、内容も把握しやすく
アリスシリーズの雰囲気好きな人にはかなりオヌヌメ

で、高まってしまいましてね…

2011070104

我慢できずにSteam版こうてもうたああああああああああばばばばばば

 
実はSteam版であれば、海外リリースとほぼ同時に配信されており
このゲーム、日本語にも対応しているのでなんの問題もない訳ですよ
お値段も$49.99とまあ、日本円で4kちょいですか 非常にお買い得!

さて、このゲームをご存知ない方にいつもの適当な説明をしますと
前作が2000年ぐらいにリリースされたんだっけかな?
プラットフォームPCでTPSタイプのホラーアクション
非常に世界観がオドロオドロしいゲームでして、当時すごいハマった記憶があります

今作では続編ということで、前作から数年経っており
火事で自分以外の家族を失ってしまい、未だに精神病へ通い続けるアリスといったところ
まわりは火事の主犯がアリスだと思われていたりと、ぶっちぎりのPTSDな訳ですが
はたして自分の失った過去の真実はどうなのか?と記憶を辿るストーリーとなってます

 

まさかの続編今更リリースにビックリしたんですけど
なんていうんでしょうね…
デモ以外のキャラクターが戦闘している動画を観た瞬間に
「あー 微妙くせー」
と嫌な予感しかなかったんですけど、まあアレですよ
雰囲気ゲーみたいなとこあるじゃないですか
つまり久しぶりに見えてる地雷を踏みにいったっちゅーことだよ!言わせんな恥ずかしい

2011070106

TPS戦闘は思っていたよりも小気味良く動くんだけど、ある瞬間に何か違和感を感じる

フ ォ ー カ ス が 発 動 し な い

フォーカスというのは、このゲームでの敵キャラクターをロックする動作
こいつが急に反応しなくなる
「なんだ?フォーカス出来る条件みたいのとかあんのこれ?」
と、気にせずプレイしていると

ガ ー ド が 発 動 し な い

ガードは『フォーカスを発動させてから』発動する為、フォーカス出来なければガードが出来る訳がない
んでクライアント再起動してみると、フォーカス出来るのにガード発動しないみたいなことになる
な、なんぞ?

しばらくプレイしていると、続々とおかしなことが起こる
オートセーブされているのに、起動するとものすごい前に戻される(前の章の中盤とか)
FPSが30ぐらいしかでてなく、さらにちょこちょこプチフリーズする
しまいにゃクリティカルエラーを吐き出して、さらにセーブがかなり前の状態
つまり

不具合だらけじゃああああああああああああああああああああ!

で、本スレ見に行ってみると、既にテンプレ化されてる状態
しょうがないからiniとかいじってなんとか快適環境を手に入れることに成功
操作に関してはどうにもならないので、360コン繋いで対応 ←これだと不具合起きない
やっとこまともにプレイ出来るようになったけど
こっそり解像度設定がすげぇ訳わかんない数値に設定されていて、何を参照しているのか疑問に思う

 

さてさて、肝心の内容はどうかと申しますと
これ、ジャンル表記が『ジャンプアクション』なんです
ジャンプアクションといえば、代表的な感じだとマリオとかですか
つまり、敵を倒すことがメインではなく、アスレチックな面をピョンピョンジャンプして
謎解き的仕掛けを解いて、時々敵倒すみたいな感じ
これのバランスが非常に悪い
というより全体的な配分がヒドイんですが、まとめて後述します

特徴的動作に、小さくなるというアクションがあり
小さくならないと通れないみたいなものもありますが、小さくなっている間
見えないものが見えるという仕様があります

2011070107

通常状態でkのような景色も、小さくなると


2011070108

こういったヒントが見えたりする
この場合 ペッパーミル(マシンガン)を使う必要があり・正規ルート というヒント

最初のうちはこれがヒントとして機能している部分が大きく
ちょこちょこ小さくなって見回すことになるんですが
この時点でおわかりかと思いますけど、ということは
小さくなって確認しないと何も気付けない場合が多いということになります
勿論あからさまに怪しい場所とかありますけど、半分以上このアクションをしないと気付けない状態

さらには後半になると、見えない動く床を進むことになる為
小さくしては足場を確認し、ジャンプしてからまた小さくし といった
非常にテンポが悪い進行となります

 

ローカライズが既にされているとはいえ、開始早々デモの会話がよくわからない
最初はなんか小難しいこと言ってるのかな?と思ったけど
拙いヒアリング能力で英語を聞いていると、翻訳がひどいという結論に落ち着きました

2011070109

日本語訳が翻訳機でも通したような文章多目
ぶっちゃけ大味にストーリーはわかりますが、随所で「?」となること請け合い

 

道中ちょっとしたオマージュ的な進行が導入されており

2011070110

ほにゃらら64な感じとかでてくる

さらにはほぼミニゲームみたいな状態で
いきなり

2011070111

横シューをやらされる(w

このミニゲームみたいな仕組みは、少々であればアクセントになるんですが
面白くもないミニゲーム強制部分がすっごい多いのがこのゲーム

上記した配分の悪さ
まずこのゲーム、全部で6章という形で構成されていますが
6章を除く各章は1時間以上かかります
章がかわらないので、そのステージでは同一の雰囲気の中
同じような構成のピョンピョンアクションをさせられ続け
感覚的に「そろそろクリアかな?」というところで、強制ミニゲームが始まる
で、ミニゲームが終わって次の章かなーなんて思っていると
まだ同じ章で、同じようなアクションを強制

例えば、その感覚的終わりなところで章を切ったとすると
全体で20章ぐらいになると思うんだが、その方がまだ精神衛生上よろしい気がする

ただでさえ小さくなって確認する動作をしょっちゅうするので、ゲームテンポがかなり悪い
さらにはほとんど同じようなジャンプアクションで進んで行くと
思い出したかのように敵が配置され、そこだけ異常に敵がいたりする
倒すとまた同じジャンプアクションに戻り、やっと終わりかなーってとこでミニゲームに突入
ミニゲームを終えると、そこに待っているのは

さ っ き の 続 き み た い な 状 態

配分が失敗している理由の一つに、想像出来るのが
後半の水増し感が非常に強い

マリオ64(言っちゃった)のような坂を滑るアクション
これに例にしてもそう感じられる
前半に出てきて「うはwwwwwwwwヒゥイゴーフッフーwwwwwwwww」なんてプレイしたら
その後は忘れるぐらい出てこない
んで後半になると、とにかくこの坂道が大量に出てくる

又、プレイした人が恐らく高確率でげんなりするステージ

2011070112

アジアンテイストなステージ

ステージの作りは凝っていて「おっ?これはなかなか」なんてプレイしていると
ステージ中間で16パズル(9パズルだけど)をやらされる
というより、パーツを4つ拾わされるといった方が正しいのだが
パズル自体は実はスキップ可能(ペナルティどころか得することもなし)
んじゃ入れるなよwwwwwwwwwwwwww

んでやっとこゴール付近につくと、エルシャダイのCMで流れていたような2D横スクロールアクション強制
これがまたつまらない上に、微妙に長い
道中意味もなく桃が落ちてるんだけど、360やPS3版では実績・トロフィーに関与します

これが終わるとまた同じようなステージって流れなんだが
通算でこの流れが

3 回 あ る

もうね…

といよりこの時点で、アリス関係なくね?みたいな世界観になっちゃってる
その辺はエンドロール見た瞬間に、すごく納得しちゃったりするんだが
原案者が入れようと思ったのかもしれないからニントモカントモ

 

忘れた頃にアリスっぽいステージに戻り

2011070113

このゲームで唯一評価出来るステージかもしれない
まあ道中の面倒くささは変わらないんだけど
それでも先のステージの後なので、余計に楽しく感じてしまう くやしい!でも…ビクビクッ

あー楽しかったなんて一息ついていると、地獄の後半戦
まず道中の仕掛けが凝っているのはいいが
見えない床多目、仕掛けの為の回り道多目、ミニゲーム多目

ここでのミニゲームは、なんでかわからないけど

人 形 の 頭 を 自 分 で 操 る ピ ン ボ ー ル コ ー ス

全然繋がりが見いだせないんですけど…
まあピンボールなんて言われてますが、おそらくこれソニックリスペクトだと思います
あれより遥かにテンポ悪いけどな

 

言い忘れてたけど、このゲームのテンポの悪さの一つに
区切りがわかりにくいってのがあると思われる
その理由は

ボ ス が 存 在 し な い

もう本当ゴールするだけのゲーム
ボスはラスボスのみで、他ステージでてきたボスっぽい感じなのかなーってな大きめのヤツ
ただの大きめ雑魚で、後半にもバンバンでてくる ←しかも弱い
これは恐らく2章をクリアした時点で
「あれ?もしかしてこのゲーム… ボスって存在いないんじゃ?…」
という予感を十分に感じることが出来ます

 

2011070114

なんとなくスチームパンクっぽかったり、雰囲気ゲーってのはわかっているものの
全体的に作りが粗すぎる
雰囲気ゲーなのに、途中で大分ハズレちゃってるしこれ
ただ、ストーリー自体はいいと思われます すぐオチわかるけど…

ぶっちゃけこのゲームを雰囲気で気になってる人は
ゲーム買わないで画集かった方がいい
「この世界感を歩き回れるのかー」
って勘違いされがちですが、歩き回れるほど広くないし、何も起きない
ただのジャンプ出来ない休憩ステージだからNE!

Steam版ではプチフリーズのおかげで、ジャンプ中に一瞬止まって操作受け付けず落ちて死んだりとまあ
非常にお粗末なプログラムで動いてるようなのですが
CS版ならこんなことはないんだろうなーって思いつつも
根本的にクソゲーとは言わないまでも
全体的な完成度が非常に低いことには変りないんですよね
ちょっとこれ、気になってる人は必ずプレイ動画なり見てから決めることを推奨します

文句言いつつも5周しちゃった俺が言うんだから言う事聞いておきなさい!
本当、予約した360版キャンセルしようとしたけど
アリスインナイトメアDL同梱だから買っちゃうyp!

でもこれだけは言わせて

E A の バ ー カ バ ー カ !

このソフトの不具合のせいで、PCに不具合でちって
色々ファイル消えちまったよバーカ!ウワーン
comment[3] trackback[0] //その他

comment

2011/07/07
[ edit ]
スマッシュ
メローイエロー懐かしい
ほぼまるさんも飲んでくたばったそうで、相変わらず皆さん元気そうですなガハハ
アンバサは数年前だったけな、自販機に売ってて速攻買ってガブ飲みしたわな。やっぱウメエはアレ[笑]

と言う事でドラゴンネストに復帰しろや~~~~~!

2011/07/13
[ edit ]
ほぼまる
お、メローイエローの記事だ!と思ったら既にスマッシュさんからもコメントが。
僕も昔はメッチャ旨い飲み物だと思ってたんですけど・・・、思い出補正にしてもあんなにマズかったかなぁ?って疑問を感じるくらいマズイですよね。

2011/07/22
[ edit ]
にしやそ
もう一度飲んだらおいしいかもしれない!と根拠0で挑んだらマズかったです
結局あれだ、「こつぶ」最強ってことで

>ドラゴンネストに復帰しろ
にしやその次回出現先はTERAです (´・∀・`)









管理者のみ閲覧可


trackback

[ trackback url ]
http://nisiyan.blog.fc2.com/tb.php/867-e7b99e51

| TOP |

+++

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent comment

Category

Link

Log

Wheel Of Fortune 本館
Wheel Of Fortune ブログ

Monthly archive


copyright (C) 2006 Wheel Of Fortune all rights reserved. template by [ asoviva ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。